パライーバ・ド・スル川
Rio Paraíba do Sul

源流:パライティンガ川とパライブナ川の合流点
延長:1,137 km
流域面積:56,500 km²
平均流量:1,118 m³/s
河口・合流先:大西洋
流域国:ブラジル

Rio Paraíba do Sul

ポルトガル語

現地では単にパライーバと呼ばれているようです。
パライーバ・ド・スル川は、ブラジルの南東部にあるパライバ渓谷を流れる河川で、サンパウロ州を流れるパライティンガ川とパライブナ川が合流する地点より、パライーバ・ド・スル川となります。
サンジョアンダバラ市のミナスジェライス州とリオデジャネイロ州の自然の境界として機能し、大西洋に流れ込みます。
流域は完全に人間の手の入った地域にあり、主な経済活動は産業、農業、畜産です。サンパウロとリオデジャネイロの国境を越えた後、泥だらけの土手とその流れの40%がグアンドゥ川に向けられ、その生態学的状態は重要です。その水は産業にも使用されています。

主な支流
ジャグァリ川、ビキラ川、ピアバーニャ川、ドンバ川、ムリアエ川 等。

「パライーバドスル川の水域で」という教育ビデオです。

リオデジャネイロ近郊のドローンによる映像です。

ICMBioが管理するパライーバドスル川流域環境保護地域は、1982年9月13日に連邦法令によって作成されました。これは戦略的保護ユニットです。パライーバドスル川流域(ミナスジェライス州、リオデジャネイロ州、サンパウロ州の80の自治体)を構成する重要な泉を保護し、その水は地域全体に供給されます。このユニットは、高度に人類化された(人間が占めている)地域の根本的な障壁であり、生物多様性の保全に不可欠な森林の残骸がまだ残っています。このビデオでは、ICMBioと保全ユニットの制度的側面について取り上げ、現在の水危機についての考察も促進しています。

Search by country

References

“Río Paraíba do Sul.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 23 sep 2019, 06:19 UTC. 25 jul 2021, 05:53 <https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=R%C3%ADo_Para%C3%ADba_do_Sul&oldid=119623996>.