アルテル・ド・ション
Alter do Chão

歴史:住民はインディアンの部族の子孫で構成され、インディアンとヨーロッパ移民とブラジル南部から現代の移民の間で歴史的な経済活動を開発しました。2006年、市の記念日として、カジュエイロ幼児教育センターの教師が学校の子供たちと一緒に調査を行い、市の起源を特定しました。彼らの研究は、最初の住居は248年前に建てられたと結論付けました。

ブラジル北部アルテル・ド・ションは、タパジョス川の右岸にあるパラ州サンタレン市の行政区の1つです。市内中心部までの距離は、高速道路を横切って約37キロです。
アルテル・ド・ションのビーチは、サンタレン地域の主要な観光地であり、タパジョス川がアマゾン川と合流する少し前の位置にある澄んだ砂浜で、イーリャ・ド・アモール(愛の島)と呼ばれる中洲の島周辺を、多くの人々はアマゾンのカリブ海と呼びます。英国の新聞ザ・ガーディアンによると、世界で最も美しい淡水ビーチです。

イーリャ・ド・アモールです。
観光関係組織のビデオですが、非常に楽しく作られていておすすめです。

「先住民族の伝統的な踊り」ビデオです。

ドローンマスターさんの「アマゾンのカリブ海!」という映像です。

Search by country

References

Alter do Chão (Santarém), https://pt.wikipedia.org/w/index.php?title=Alter_do_Ch%C3%A3o_(Santar%C3%A9m)&oldid=57620772 (last visited março 1, 2020).