イガラペ カイクビ
Igarapé Caicubi

河口・合流先:ジュファリ川
流域国:ブラジル

イガラペカイクビは、ロライマ州にあるジュファリ川支流の美しい小川です。
ブラジル北西部、首都ブラジリアの北西2,300kmにあります。周辺には、主に常緑の落葉樹林が生えており、熱帯モンスーン気候が広がっている地域です。近隣の年間平均気温は22 °Cです。最も暖かい月は平均気温が24°Cの2月で、最も寒い月は20°Cの5月です。平均年間降水量は2,592ミリメートルです。最も雨の多い月は5月で、平均降水量は347mmです。、そして最も乾燥したのは9月で、降雨量は92mmです
一般的にイガラペとは「小川」という意味で、日本で言う「沢」と似ています。本来「イガラペ」とは、トゥピ語で「カヌーの小道」を意味する用語で、イガラ(カヌー)とアペ(小道)という用語を組み合わせたものです。

主な支流
イガラペプレティニョ 等。

ロライマの川のマップPDFです。 ロライマ集水域 (新しいウィンドウで開きます)
イガラペカイクビは左下の方です。

動画は見つかりませんでした。こちらはイガラペカイクビの写真です。意外にも白い砂に透明な水です。

Search by country