イガラペ ダラクア
Igarapé do Daracua

河口・合流先:ネグロ川
流域国:ブラジル

ブラジルのネグロ川中流の小川です。ネグロ川は南アメリカで2番目に大きな川であり、多くの支流があり、小さな森林の小川もたくさんあります。これらの森の村にちなんで命名されたイガラペダラクアはバルセロスの近くに位置しています。ダラクアはアマゾンの熱帯雨林の奥にあるため簡単にはアクセスできない場所にあり、ボートで行くのが最も簡単です。
雨季には水位が上昇し、周囲の森に注がれます。水没した森に魚が回遊し、繁殖が始まるので、雨季は豊かな時期です。森林は、成魚だけでなく、若い魚に必要なプランクトンやその他主要な供給源です。森林は魚に自然の食物を提供する以外に、捕食者からの避難所を提供します。土壌は砂質で、ミネラル分はほとんど含まれていません。大量の落葉落枝は、氾濫した森林や枝の根とともに、動物の残骸、植物の残留物、廃棄物、バクテリア、その他の微生物などの分解性有機物が含まれています。
梅雨の時期(9月から約7か月間)は水はかなり冷たく、気温は約23°C、水のpHは約6です。乾季(5月から9月頃まで)は水位が下がり、暖かくなり、水温は28〜30℃程度になります。水位が低く、タンニンが多く含まれているため、濃いブラックウォーターになり、pHは3.5〜4ph程度とかなり低くなっています。

主な支流
不明。

この辺りですが地図にはないようです。
イガラペダラクアの浅瀬生息環境の多様な水中生活を探検。カージナルテトラを含む数十種の人気のある熱帯魚がいます。

Search by country