チチカカ湖
Lake Titicaca

水面標高: 3,812 m
面積: 8,372 km²
集水域: 58,000 km²
最大水深: 281 m

大型船が航行可能な世界で最も標高の高い航行可能な湖で、海抜3,810メートルにあります。西のペルーと東にボリビアの国境にまたがるチチカカは南アメリカで2番目に大きい湖です。それは約8,300平方キロメートルをカバーし、北西から南東方向に190 kmの距離にわたって伸びています。それはその最も広いポイントで横に80 kmです。
湖は27本の支流で、レインフォールを介して供給されます。デサグアデロ川は湖から流れる唯一の川です。狭い海峡、ティキナは、湖を2つの水域に分けます。南東の小さい方は、ボリビアのウイナイマルカ湖とペルーのペケニョ湖。北西にある大きい方は、ボリビアのチュクイト湖とペルーのグランデ湖。

インカの神話の起源です。彼らの先祖の伝統を今なお実践している独特の文化の生活を垣間見ることができます。

「アンデスの聖なる湖」というタイトルのイメージビデオです。

チチカカ湖の水中映像。チチカカ水ガエルという固有生物です。

Search by country

References

Wikipedia contributors, “Lake Titicaca,” Wikipedia, The Free Encyclopedia, https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Lake_Titicaca&oldid=1018142702 (accessed April 18, 2021).