アプリマック川
Río Apurímac

延長:731 km
流量:1,050 m³/s
流域面積:66,100 km²
水源:ミスミ山
河口・合流先:エネ川
流域国:ペルー

ミスミ山(南ペルーのアレキパ県の標高5,597メートルの高山)の尾根の融氷水を水源とする川。
アプリマック川は世界で最も大きい水系、アマゾン川の水源です。ペルーの南西の山脈にある、カイロマの村から10キロメートル、太平洋岸から160km離れたところを源流とします。
アプリマクは、サンティアゴ川とフアルフアルコ川の2つの小さな川の合流点から生まれました。それは東に向かい、南から来るホルニージョス川を受け取るとき、その長さはその最も遠い源から約50kmです。ホルニージョスは、独自の水源であるチャラマヨ川、ロケラ川、およびほぼ同じ長さ(それぞれ6 km)の短いカルワサンタ川とアパッチタ川を含めて約65kmあります。ネバドミスミ山の斜面にそびえるアプリマクは、アマゾンネットワークの最も遠い源であると考えられており、現在ほとんどの研究で受け入れられていますが、マンタロ川流域については疑問が残ることもあります。アプリマクの、いくつかの情報源は数キロでそれを超える可能性があります。したがって、現在世界で最も長いと考えられている川の流れは次のとおりです。アパッチタ川→ロケラ川→チャラマヨ川→ホルニージョス川→アプリマク川→ヤン川→タンボ川→ウカヤリ川→ペルーのアマゾン川→ソリモエンス川→アマゾナス川。

主な支流
ホルニージョス川:長さ65 km、流域630km²、流量6m³/秒。
パチャチャカ川:長さ210 km、流域8,100km² 流量142m³ /秒。
パンパス川:長さ434 km、流域24,200km² 流量250m³/秒。
サントトマス川:長さ150 km、流域3,440km² 流量84m³/秒。
ベリレ川:長さ180 km、流域3,700km² 流量45m³ /秒。
ビルカバンバ川:長さ150 km、流域3,930km² 流量73m³/秒。

雨季のアプリマック川

クスコとアヤクチョのシルビア地区とピチャリ地区の間にあるVRAEの町への休暇旅行中の兄弟が作成したビデオ。

Search by country

References

De Diego Delso, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=43239781
“Río Apurímac.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 7 ene 2021, 21:57 UTC. 16 abr 2021, 04:03 .