アラグアイア川
Rio Araguaia

源流:ナセンテ・ド・リオ・アラグアイア、ゴイアス州のディビゾンイス山地(カイアポ山地を水源とする文献もある)
延長:2627 km
平均流量:6172 m 3/s
流域面積:35万8125 km2
河口・合流先:トカンチンス川
流域国:ブラジル

支流が無数に存在するため、水源を特定するのは容易ではない。主な支流はマットグロッソ州のアララス山地や、ゴイアス州のディビゾンイス山地に源を発する(両州の境にあるカイアポ山地を水源とする文献もある)。サンジョアンの町の近くでトカンチンス川に合流するまで、北東に流れる。

アラグアイア川はブラジルのゴイアス州、マットグロッソ州、トカンチンス州、パラ州の州境となっている。中流で二つの流れに分かれ(西側はアラグアイア川のままで、東側はジャバエス川と名称を改める)、その後再び合流し、世界最大の中洲であるバナナル島をなしている。ジャバエス川がアラグアイア本流に復帰する河口は、広大な三角州となっており、10万ヘクタールのイガポ(水没林)の森やブラックウォーターの水路、カンタンと呼ばれる三日月湖が広がっている。東アマゾンで最も豊かな生態系を持つ地域のひとつで、700種以上の鳥や300種近い魚(ヨーロッパ全域に棲息する数よりも多い)、さらにオオカワウソやクロカイマン、世界最大の淡水魚であるピラルクーといった絶滅危惧種も、この比較的小さなエリアに多く棲息している。
ほとんどの区間は年中航行できるが、カンタン下流の湿地帯は流れが急である。
アラグアイア川とトカンチンス川を合わせた流域(アラグアイア・トカンチンス川流域)の面積は、ブラジルの国土面積のおよそ9.5%を占める。アマゾン盆地のなくてはならない一角であるが、アラグアイア川はアマゾン川の支流ではない。

主な支流
モルテス川、ボニート川、ガルカス川、クリスタリーノ川、タピラペ川、ピトンバス川、クラーロ川、ベルメーリョ川、トゥクパ川、チャバンテ川。

アラグアイア川の上空をドローンで撮影

世界的な淡水魚の専門家オリバー・ルカヌス氏の熱帯魚チャンネル。アラグアイア川でPanaque armbrusteriを採取

ゴイアス州(ブラジル中部の州)の小さな町ITACAIUからアラグアイア川の映像です。

ブラジルの中心部にある楽園と言われているアラグアイア川。豊かな景観を誇るこの川の辺りには、絶滅の危機に瀕している南北アメリカ最大のネコ科の動物、ジャガーが生息しています。

アラグアイア川とトカンティンス川の合流点の幻想的なドローン映像。

ビオトドマ・クピド(Biotodoma cupido)はアマゾン盆地に広く分布しています。アラグアイア川上流の洪水地帯で巣を守るこの美しいシクリッドを御覧ください。

Search by country

References

“Río Araguaia.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 17 jun 2020, 18:47 UTC. 8 may 2021, 02:20 .