チョケヤプ川
Río Choqueyapu

延長:40 km
水源:パンパララマラグーン
流域面積:489 km²
河口・合流先:ラパス川
流域国:ボリビア

ボリビアの首都、ラパス市の北にあるラグーナパンパララマから流れる川です。他の情報源によると、川はチャカルタヤの丘で生まれ、ジュヌティンクジャフイラ、後にカルヨと呼ばれ、都市に入ると最終的にチョケヤプと呼ばれます。ラパスの南部の中心部と一部を横断し、街が終わると、名前がラパス川に変わります。ラパス川は、ベニ川の支流です。
市内を通過する途中で、下水(下水道)、産業毒性廃棄物、ごみなど、あらゆる種類の廃棄物でひどく汚染されています。このため、市内の川岸沿いでは、常に不快な臭いがするそうです。

主な支流
オルコジャフイラ川、イルパビ川、アチュマニ川、フアニャジャウイラ川、コタフマ川、アチョカリャ川 等。

セレステケーブルカーから見たラパスのチョケヤプ川の映像です。
パンパララマラグーン周辺のチョケヤプ川は透き通った水ですが、街の人々のほとんどは知らないそうです。

Search by country

References

“Río Choqueyapu.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 5 abr 2021, 08:08 UTC. 4 ago 2021, 02:22 <https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=R%C3%ADo_Choqueyapu&oldid=134530969>.