グアイレ川
Río Guaire

延長:72 km
源流:サンペドロ川とマカラオ川の合流点
流域面積:655 km²
平均流量:1 m³/s
河口・合流先:トゥイ川
流域国: ベネズエラ

グアイレ川は、ベネズエラのカラカス盆地を東から西に向かって流れる川で、トゥイ川の支流でです。全長72kmで、そのうち53kmがカラカスを流れます。
マカラオ川とサンペドロ川が合流した地点から下流をグアイレ川と呼びます。カラカス盆地に南西から入り北東に流れ、旧市街中心の手前で向きを東に転じ、そのまま西から東に盆地を貫流してから、ふたたび山に入って東南方向に流れながら蛇行します。山地を抜けるとやがてトゥイ川に合流します。
グアイレ川はベネズエラでもっとも汚れた川と言われています。工業用水の80%は処理されていますが、生活排水のほとんどが処理されずに流れこんでいます。場所によっては川にゴミが投げ込まれ、岸に大量に滞留しています。20世紀以前は、川は汚染されておらず、すべての住民の水源でもありました。19世紀の終わり、アントニオ・グズマン・ブランコ大統領の政権時代、彼はカラカスに下水道と下水道を提供しましたが、グアイレ川を都市の排水の主要な排水路として使用するように命じました。
21世紀初頭以来、グアイレ川はベネズエラの首都の排水の主要な排水路を構成しているため、生態学的に懸念される状況にあります。

主な支流
マカラオ川、サンペドロ川、カロアタ川、アナウコ川、エルバジェ川、トコメ川、スアピテ川 等。

「カラカスの糞便の中で生命を探す方法」というタイトルの映像です。
カラカスからの排水路の多くは、最終的にグアイレ川に流れ込みます。ひどく汚染されているにもかかわらず、鉱山労働者の職場です。これらの若者は、後でお金と交換できる金と銀が残っているのを見つけることを期待して、毎日健康を危険にさらしています。ガイアの悪臭はしばしば耐え難いものですが、養う家族がいます。

カラカスのグアイレ川の映像です。

Search by country

References

“Río Guaire.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 23 jun 2021, 14:57 UTC. 11 jul 2021, 07:08 <https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=R%C3%ADo_Guaire&oldid=136531483>.