マデイラ川
Río Madeira

延長: 1,450 km
流域面積:1.420.000 km²
平均流量:31,200 m³/s
水源:ベニ川とマモレ川の合流点
河口・合流先: アマゾナス川
流域国: ブラジル、 ボリビア

南米を代表する大河であると同時にアマゾン川の最大の支流である。全長3,380km。
サンタ・クルス・デ・ラ・シエラからクスコに至るアンデス地域からは北西方向に、ブラジルのマットグロッソ州全域からは南西方向に、イキトスからは北方向に降雨を集め、グアジャラミリン付近でマデイラ川に集まる。この総流域面積は850,000km2で、フランスとスペインの面積を併せた大きさに匹敵する。マデイラに流入する主な河川としては、グアポレ川(イテネス川)、バウレス川、ブランコ川、イトナマ川(サンミゲル川)、マモレ川、ベニ川、マユタタ川(マドレ・デ・ディオス川)があり、これらの川はさらに数多くの支流からなる。
マデイラ川上流の支流域は広々としたモホス平野とベニ平野で、9万km2程度の地域が3-4ヶ月に渡って1m程度水没する。
マデイラ川はボリビアとブラジルの国境に沿って約100km北側に流れる。アブナ川と合流した後はブラジル北西部のロンドニア州やアマゾナス州を蛇行して北西に流れてゆき、アマゾン本流に合流する。合流点にはツピナンバラナス島があり、広大な湿地帯が広がる。
雨期には水位が15m以上も上がり、海洋航行船が河口から1,070km上流のポルト・ヴェーリョ近くのサンアントニオ滝まで遡上できる。しかし6月から11月の乾期には2m程度の水位になるため、航空機で行き来することになる。 アマゾンカワイルカの一種がマデイラ水系に生息していることが知られている。

6月から12月の間に2,900 m 3 / sから、1月から5月の間に70,000 m 3 / sになります。その後、ポルトヴェーリョのリオマデイラは6月から12月の間に2,200 m 3 / sから、1月から5月の間に47,000 m 3 / sになります。マデイラ流域では、年間平均pHは約7.0です。9月と3月にpH7.8位に上昇します。6月から9月の間にpH6.0以下に低下する可能性があります。同様に、マデイラ盆地では、4月から11月の間は水温24°C前後。11月から3月の間に水温は30-32°Cに上昇する可能性があります。年間平均気温は26〜28℃です。

主な支流
アブナ川、プレト・ド・イガポ・アチュ川、アリプアナン川、ジパラナ川、マルメロス川、ジャマリ川、マニコレ川、カヌマン川、アバカシス川、マウエース川 等。

ロンドニアのマデイラ川
ポルトベリョ/ マデイラ川にかかる橋

Search by country

References

Colaboradores de Wikipedia, “Río Madeira,” Wikipedia, La enciclopedia libre, https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=R%C3%ADo_Madeira&oldid=135154999 (descargado 12 de mayo de 2021).

“Río Madeira.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 8 jun 2020, 07:17 UTC. 25 sep 2020, 00:05 <https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=R%C3%ADo_Madeira&oldid=126760974>.