マデイラ川
Río Madeira

延長: 1,450 km
水系: アマゾン川
河口: アマゾナス川
周辺都市: ポルト・ヴェーリョ
水源: マモレ川、 マドレ・デ・ディオス川

南米を代表する大河であると同時にアマゾン川の最大の支流である。全長3,380km。
サンタ・クルス・デ・ラ・シエラからクスコに至るアンデス地域からは北西方向に、ブラジルのマットグロッソ州全域からは南西方向に、チキトスからは北方向に降雨を集め、グアジャラミリン付近でマデイラ川に集まる。この総流域面積は850,000km2[1]で、フランスとスペインの面積を併せた大きさに匹敵する。マデイラに流入する主な河川としては、グアポレ川(イテネス川)、バウレス川、ブランコ川、イトナマ川(サンミゲル川)、マモレ川、ベニ川、マユタタ川(マドレ・デ・ディオス川)があり、これらの川はさらに数多くの支流からなる。
マデイラ川上流の支流域は広々としたモホス (Mojos) 平野とベニ平野で、9万km2程度の地域が3-4ヶ月に渡って1m程度水没する。
マデイラ川はボリビアとブラジルの国境に沿って約100km北側に流れる。アブナ川 (Rio Abunã)と合流した後はブラジル北西部のロンドニア州やアマゾナス州を蛇行して北西に流れてゆき、アマゾン本流に合流する。合流点にはツピナンバラナス島 (Ilha Tupinambaranas)があり、広大な湿地帯が広がる。
雨期には水位が15m以上も上がり、海洋航行船が河口から1,070km上流のポルト・ヴェーリョ近くのサンアントニオ滝まで遡上できる。しかし6月から11月の乾期には2m程度の水位になるため、航空機で行き来することになる。 アマゾンカワイルカの一種がマデイラ水系に生息していることが知られている。

マモレ川のメイン流域
これは241,660km²の大規模な盆地で、ベニ、サンタクルス、コチャバンバ、チュキサカ、ポトシのボリビアの部門の一部が含まれています。この小流域の主な河川(ボリビアの「海軍水文学局」によって提供されたデータ)は次のとおりです。

全長1,170 kmのマモレ川:

ヤタ川、長さ1,060キロ。
長さ1,530 kmのイテネス川またはグアポレ川。
1,493 kmのグアポレ川の支流であるイトノマス川。
ヤクマ川、長さ570 km。
Apere川、369 kmの長さ。
長さ1,438 kmのリオグランデまたはグアパイ。
279 kmの長さのChapare川。
長さ400 kmのイチロ川。
長さ268 kmのRiver Secure。
ティジャムチ川、全長490 km。
長さ278 kmの茨川。
グアポレ川の主要な小流域
Iténez/Guaporé川は厳密にはMamoré川の支流ですが、その流域の重要性を考えると、通常は孤立した支流と見なされます。ボリビアの面積は、サンタクルスとベニの県では186,460km²であり、ロンドニア州とマットグロッソ州では、ブラジルでは80,000km²以上です。

上部流域の出口
これらすべての水は、ボリビア地域のベニとパンドの平野で合流し、毎年9万km²の水が3〜4か月にわたって高さ1メートル近くに達しています。ボリビアの出口であるマノアの高さで、マデラの年間平均体積は572,000百万m³で、18,000 m / s以上(つまり、フランスの地表水の合計の3倍以上)、 1億8千万m3と推定されています)。

上流またはマデイラ・マモレ盆地
盆地の総面積は879,900km²で、フランスとイタリアの合計よりも大きいです。ボリビアだけでも、250以上の河川がマデイラに流れ込み、面積は714,415km²です。これには、マノアの上流(ブラジルとボリビアの国境)にあるすべての領土、主にボリビアのマデイラ-マモレ盆地全体、およびペルー(マドレデディオス)とブラジル(グアポレ)の領土が含まれます。それは、その主要な枝、ベニ、マモレ、イテネズ/グアポレの排水区域に対応する3つの小流域に細分されます。

アブナ川流域
アブナ川と合流するマデラ。
アブナ川は、チボマヌ川とカラマヌ川の合流点で、ボリビアのニコラススアレス州パンド県に生まれています。その主な支流は、ブルー、マモマヌ、カラマヌ、ラピラン、チパマヌ川です。長さは375 kmで、マノアの町の近くのマデラ川に流れ込みます。その盆地の面積は25,870km²で、すべてボリビアの領土にあります。

ベニ川のメイン流域
これには、パンド、ベニ、ラパス、コチャバンバのボリビアの部門の一部が含まれ、面積は133,010km²です。ベニ川はマデイラ川の強力な支流であり、その航行性と魚類学的富の両方のために、ボリビアで最も重要な川の1つです。

オルソン川流域
Orthon川がされての合流点に、パンドの部門では、プエルトリコの近くで生まれTahuamanu川とManuripi川の北部に、ペルーで発信、川マードレ・デ・ディオス県。全長233 kmで、合流点からベニ川の河口まで、リベラルタ市の北約20 kmにあります(2007年の人口は95,000人)。その盆地は30,000km²の表面積を持ち、そのうち22,640km²はボリビアに対応しています。

マドレデディオス川の流域
マドレ・デ・ディオス川をされてペルーのアンデス山脈の東の山脈の麓で生まれ、から構成されマヌー、アルトマドレデディオス、Tacuatimanuまたはラスピエドラス、Inambari、およびメディオマドレ・デ・ディオス川の街の近くに収束し、ペルーのプエルトマルドナド。この時点から、川はバハマドレデディオスの名前になり、プエルトヒースのボリビアに入ります。SW-NEの方向に483 km走り、リベラルタに向かい、ベニ川に流れ込みます。その盆地の面積はボリビアで52,795km²、ペルーで50,000km²以上です。

ロンドニアのマデイラ川
ポルトベリョ/ マデイラ川にかかる橋

Search by country

References

Wikipedia contributors, “マデイラ川,” Wikipedia, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%A9%E5%B7%9D&oldid=77268289 (accessed September 25, 2020).

“Río Madeira.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 8 jun 2020, 07:17 UTC. 25 sep 2020, 00:05 <https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=R%C3%ADo_Madeira&oldid=126760974>.