パラオペバ川
Rio Paraopeba

源流:クリスチャンオトニ
延長:510 km
流域面積:13,643 km²
河口・合流先:トレスマリアスダム
流域国:ブラジル

川の水源は、ミナスジェライス州クリスチアーノオトニの自治体の南にあります。河口は同じ州のフェリクスランジアの自治体のトレスマリアスダムにあります。川の長さは510キロメートルであり、その流域は12,090平方キロメートルの面積と35の自治体をカバーしています。よく耳にするイガラペー自治体もパラオペバ川流域にあります。
2019年1月25日、ブルマジーニョダムが崩壊し、非常に高い重鉱物汚染が発生しました。これらにより、120 kmの河川生態系が非常に有毒になり、「死んだ川」と呼ばれるようになりました。崩壊に最も近い20キロメートル範囲に高レベルの鉛とクロムが検出されています。

主な支流
アーグァス・クラーラス川、マカウーバス川、ベチン川、カマプアン川、マンソ川 等。

ダムが破裂した後の採掘泥と廃棄物の流出は、先住民の飲料水供給に影響を及ぼしました。
カショエイラダプラタとマラビリャスの間の地域のブルマジーニョでダム決壊前後のパラオペバ川。

リオパラオペバは回復中です。
水がかなり汚れていても川は生きていて、魚は食べられないと言われていますが、多くの漁師が釣りをして食べています。

Search by country

References

“Río Paraopeba.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 24 dic 2020, 05:16 UTC. 24 may 2021, 00:46 .