ポランガ川
Rio Poranga

河口・合流先:ネグロ川
流域国:ブラジル

イガラペポランガとしても知られるポランガ川は、ククイ市に近いブラジルのサンガブリエルダコチャエイラ地域にあるアマゾナス州ネグロ川上流域の支流です。コリドラスデュプリカレウスの産地として名前が知られています。地図には記載されていない川です。地元の釣り人や有名なブリーダー、キクイムシ愛好家の助けを借りて、ポランガ川の場所も正確になってきました。
サンガブリエダカショエイラは、ブラジルで領土面積で3番目に大きい自治体であり、アマゾンで2番目に大きい自治体です。また、アマゾンの最北端の都市であり、その領土の一部は、ピコダネブリナ国立公園にあります。公園はブラジル全土で最も高い場所であり、この場所の熱帯の風景と美しさにで世界中からの観光客を魅了しています。
水の色はブラックウォーターで、水温は28℃(浅瀬では30℃)、pH値4.5-4.6、導電率10、GH0、溶存酸素量40%、砂の色はベージュというBIOTOPE AQUARIUMプロジェクトさんの2018年10月のデータがあります。
コリドラスデュプリカレウスはネグロ川のような典型的な黒い水ではありませんが、水は暖かい色合いの場所に生息しています。日陰のため、この地域にはあまり植生がありません。ヤシの葉などの落ち葉や、果物や根などの有機植物の残骸がたくさんあります。テオピックの森には、水没した樹木や低木の根がたくさん生えています。これは、この場所に非常に特殊でエキゾチックな特徴を与えています。

主な支流
不明。

マットグロッソ周辺のポランガ川。

ポランガ川の、コリドラス・デュプリカレウスとヒュフェッソブリコンの水中映像。

Search by country