シャナイ・ティンピシュカ川
Río Shanay-timpishka

源流:不明(アウグア・カリエンテ近辺)
延長:6.4 km
河口・合流先:パチテア川
流域国:ペルー

ワヌコのプエルトインカ県にあります。
ラ・ボンバとしても知られ、「世界唯一の沸騰している川」と称されています。この川は水温が高いことで有名です。
川は部分的に侵食された地質構造で、水温が50〜90°C(一部の場所では100°Cに達する)の原因はまだ調査されておらず、地質学的に活動的なゾーンと火山は約700km離れています。大雨が降った後で初めて、川の温度は50°Cを下回ります。川沿いにはいくつかの滝があり、最大のものは6メートルを超えています。
地球物理学者たちは川を研究し、水は地球の地殻のより深い層から来ていないことが示されています。仮定の1つは、それがアンデスから来ているということです。これが証明できれば、アンデスとアマゾンを結ぶ水文システムがあるでしょう。
川の中や周辺では、地域の状況に適応した固有の 極限環境微生物の動植物種が特定されています。
熱帯雨林がほとんど違法に伐採されている地域にあるため、川は絶滅の危機に瀕しています。したがって、集水域は失われる可能性があります。川をエネルギー源として利用するというアイデアもあります。住民はペルー政府に国定記念物として川を保護するよう説得しようとしています。
川沿いには、伝統医学と地元の人々の知識を扱う2つのセンターの1つであるマヤントゥヤクセンターがあります。シピボ族、カシボス族、ヤネシャ族(アムエシャ族とも呼ばれる)、メスティーソ族の先住民の研究がされています。川は原住民にとって神聖な地域であり、ここはシャーマンが彼らの儀式と霊とのコミュニケーションのために来る場所です。
川の南約2kmにあるアグアカリエンテドムの頂上には、現在も稼働している油ガス田があります。これは、1938年から稼働しているため、ペルーで最も古い油田です。
現地のシャーマンらは、沸騰している川は、「水の母」として知られる巨大な蛇の精霊ユカママによって生み出されると信じています。

主な支流
不明。

このあたりですが地図にはありませんでした。

ヌエバホノリアの町から30分、世界の目から何世紀にもわたって隠されている自然の驚異です。アメリカ大陸のこの地域で最も暖かい川は、ジャングルであるシャナイティンピシュカを流れています。この場所は、神秘的で癒しの場所として地元の人々に知られています。現在、何人かの教師がそこに住んでいて、その場所を保存し、体と魂の癒しのためにその利益を最大限に活用しようとしています。平和と癒しを求めて世界中からやってくる男性と女性と共有する薬用植物が栽培されています。捕食から救われ、その生態学的な脆弱性を考慮して開発され、将来の世代のために保存されなければならない楽園。
ワヌコのアマゾンの熱帯雨林にある川、シャナイティンピシュカへの訪問。
マヤントゥヤクには天然温泉がたくさんあります。

Search by country

References

Shanay-timpishka. (2021, 2 de mayo). Wikipedia, La enciclopedia libre. Fecha de consulta: 06:36, julio 27, 2021 desde https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=Shanay-timpishka&oldid=135248335.