タクトゥ川
Río Tacutu

源流:シエラデアカラ
延長:390 km
流域面積:42,906km²
河口・合流先:ブランコ川
流域国:ブラジル、ガイアナ

タクトゥ川は、ガイアナ南部のエセキボ川の源流近くのアカラ山脈で生まれています。ブラジルとガイアナの自然な国境を形成し、北に流れています。この国境地帯では、アルヴィム、サウリワウナワ、ボンフィム、コンセイサオデマウの町を通り、そこで別の国境の川であるイレン川(マウ川)と合流します。その時点で、南のカヌク山脈と北のパカライマ山脈の間で、川は大きなカーブを描き、国境ではなくなり、南西方向に流れローライマ州に入ります。その後ボンフィン市を通り、ブラジルの河川地域を流れ、ノルマンディーと国境を接しています。タクトゥ川とウラリコエラ川との合流点がブランコ川となります。
この地域にはサバンナ気候が広がっており、比較的水深のない浅い川です。

主な支流
コティンゴ川、スクム川 等。

ローライマのタクトゥ川が映っています。

ブランコ川からタクトゥ川への楽しい釣りビデオ。

ブラジルとガイアナの国境地点のタクトゥ川

Search by country

References

Colaboradores de Wikipedia, ‘Río Tacutu’, Wikipedia, La enciclopedia libre, 12 diciembre 2020, 00:59 UTC, [descargado 14 mayo 2021]