シングー川
Rio Xingu

延長:1,815 km
平均流量:22,000 m³/s
流域面積:531,250 km²
水源:クルエン川とタミタトアレ川の合流点あたりのプラナウト・ド・マト・グロッソ
河口:アマゾン川
流域国:ブラジル

マット・グロッソ高原に源を発し、北へ流れアマゾン川河口デルタ(三角州)でアマゾン川に合流する。滝、急流が多い。流域に住む多くの先住民を保護するため、上流域に1961年シングー国立公園が設立された。この地区には約2万6千平方kmに16民族以上、約3000人のインディオが居住している。しかし、開発による環境問題も深刻で、流域の水力発電所建設に反対するインディオの大集会が1989年に開かれている。
シングー川流域は、ブラジルの2つの主要なバイオーム、セラード(熱帯サバンナ)とアマゾンの熱帯雨林を横切っています。

 

●アルトシングー(シングー川上流)
中央高原地域の北にあるマットグロッソ州のロンカドール山とフォルモサ山の標高600メートル、3つの主要な川の合流点によって生まれます。西には、フォルモサ山脈の東側から水を集めるフェロ川(400 km)と、その支流であるシュタイネン川、ロヌロ川、ジャボタ川があります。南には、バトビ川(330キロメートル)。そして東には、最も重要な川であるクルエン川があり、ロンカドール山脈の北西側の水を集める長さ600kmの大きな川です。また、アイイタ川、クリセウム川、タングロ川、セッテ・デ・セテンブロ川、コウト・デ・マガリャエンイス川などの多くの支流があります。
その源の地域はシングー先住民公園にあります。シングー川は、公園内の南に向かって約150キロメートルにわたってその高いコースを流れており、マニサウア-ミチュ川、アライアス川、スイア-ミチュ川(450キロメートル)などのいくつかの支流が流れています。公園を出ると、それはジャリーナ先住民地域に入り、そこでフアイア-ミチュ川、アイウイア-ミチュ川、ジャリーナ川と合流します。

 

●ミドルシングー(シングー川中流)
パラ州との国境を越えており、ほぼ独占的にアルタミラ市(ブラジルで最大の市町村であり、世界で3番目に大きい市町村)を流れています。右側には、リベルダーデ川(450 km)、パス川、ポルトアレグレ川が流れています。この中流域、カヤポ地域内の川の流れは非常に不均一で、アナナの滝とポルトセグロの急流があります。その後サントアントニオ先住民族の領域を通り、サンフェリックスドシングーの右側で主な支流であるフレスコ川(560 km)と合流します。
そこからまばらに人が住んでいる地域を通って続き、多くの島、砂州、滝があるコースで、ますます広くなります。この区間では、トリウンフォ川、ポンバl川、サンジョゼ川、パルド川など、いくつかの支流があります。先住民地域の境界である川は、東のコアティネモと西のカララオの2つの新しい小さな先住民地域の間を短い範囲で流れています。その後イリリ川と合流します。

 

●バイショシングー(シングー川下流)
非常に広い水路で、そこには多くの島があり、その岸にはいくつかの地域があります。このセクションでは、右からバカハ川と合流します。トランスアマゾニカ高速道路は、ベロモンテのボートサービスでシングー川を渡っていますが、反対側のアルタミラにも近づいています。
アリカリアから始まるシングー川は、長さ約120 km、幅8〜15kmの巨大な湖に流れています。結局、その水はアマゾン川の水と混ざり合い、森に覆われた群島を無限の方向に曲がりくねったパイプ(自然の水路)の迷路を通ります。そこには、長さ約40kmのウルクリ島があります(島は農業と放牧に使用されます)。右岸には、セナドル・ホセ・ポルフィリオとポルト・デ・モスの町とヴィラリーニョ・ド・モンテがあります。ほぼ同じ河口の左岸に、最後の支流であるジャラウス川が流れています。

主な支流
アテルチュ川(フォンダンスタイネン川)、ペピータ川(ポルトアレグレ川)、イリリ川、フレスコ川、リベルダーデ川、バカハ川 等。

このビデオでは、シングー川のほとりに住む方法、魚を捕まえる方法、シングー川で生きる方法について少しお話しています。

「野生のリオシングーL15、L47、L255、L116」というタイトルの水中映像です。

シングー川のほとりの植林プロジェクトに関する動画です。

イリリ川との合流点付近のシングー川の水中映像です。

パラー州のシングー川でさまざまな種を釣っています。
シングー川のカショエイラグランデディジェリコアでのプレコやその他の魚のシュノーケリング映像です。

シングー川での収集は、地元ではアカリゼイロスと呼ばれる漁師によって行われます。彼らは魚を捕まえるための非常に特別な技術を持っています。このビデオでは、シングー川の数分を切り取った映像です。

インペリアルゼブラプレコ(Hypancistrus zebra)は絶滅危惧種であり、シングー川のごく一部でのみ生息します。このプレゼンテーションでは、シングー川がなぜそれほど特別なのか、主な脅威は何か、その故郷であるヴォウタグランデドシングーをどのように保護できるかについて説明しでおられます。
00:00 前書き
00:31 アマゾン
00:51 リオシングー
03:31 ミドルシング
05:27 水中Xingu
06:30 水生無脊椎動物
07:30 シングー魚
14:16 ヒパンシストルスゼブラ
15:40 シマウマダニの発見
20:20 自然界での捕獲の禁止
21:57 ベロモンテ
25:29 ベロサン
26:40 自然個体数の減少における水族館の役割
27:23 自然界のヒパンシストルスゼブラ
28:53 自然界における人口の生存率
32:37 複合的な影響(ベロモンテと違法な釣り)
33:21 保護のための象徴種
37:50 IctioXinguプロジェクト
39:40 当社のパートナー!
41:55 飼育下繁殖
45:07 環境教育
48:00 ファイナライズ

Search by country

References

“Río Xingú.” Wikipedia, La enciclopedia libre. 28 mar 2021, 00:20 UTC. 12 jun 2021, 09:10 .